ロータリーキルンボーキサイト

ロータリーキルンボーキサイトは、ロータリーキルンで製造されたボーキサイトです。ボーキサイト製造用の窯には、ロータリーキルン、シャフト窯、丸窯の3種類があります。他の2種類と比較して、ロータリーキルンボーキサイトはより均一に焼成され、キルン本体の連続的な回転運動の恩恵を受けます。焼成ボーキサイトは、ロータリーキルンボーキサイト中で高級ボーキサイトを高温(850℃〜1800℃)で焼成・加熱することにより得られます。これにより水分が除去され、アルミナ含有量が増加します。その一方で、高耐火性の鉱物相であるコランダムとムライトが形成されます。

$300.00$400.00 / MT

ロータリーキルンボーキサイトの利点

  • 極端な硬度と耐摩耗性
  • 耐候性、摩耗、研磨に対する高い耐性
  • 高い耐久性
  • 強烈な熱および酸性またはアルカリ性の薬剤にさらされたときに化学的に安定

ロータリーキルンボーキサイトの仕様

アイテム RKB90 RKB88 RKB87 RKB86 RKB85 RKB80
Al2O3(%) 90.0分 88.0分 87.0分 86.0分 85.0分 80.0分
SiO2(%) 3.5max 5.5max 7.0max 8.0max 9.0max 10.0max
Fe2O3(%) 1.5max 1.6max 1.8max 1.8max 2.0max 2.5max
TiO2(%) 3.8max 4.0max 4.0max 4.0max 4.0max 4.0max
CaO + MgO 0.35max 0.40max 0.40max 0.40max 0.45max 0.50max
K2O + Na2O 0.35max 0.40max 0.40max 0.40max 0.40max 0.50max
BD(gm / cc) 3.35分 3.25分 3.20分 3.15分 3.10分 2.90分
水分 0.3max 0.3max 0.3max 0.4max 0.4max 0.5max

焼成ボーキサイトはいくつかの用途で使用されています:

  • 耐火グレードの焼成ボーキサイト:耐火グレードを作るために、ボーキサイトを1600℃で熱処理して、アルミナ含有量がほとんど82%を超える焼成ボーキサイトを製造します。耐火物は、高温で強度と化学的性質を維持する絶縁材料です。それらは、ボイラー、炉、窯、反応器、およびGLMのライニングに使用されます。
  • ブラウンフューズドアルミナ:上記のグレードを作成するには、ボーキサイトを1000℃〜1200℃で熱処理して、必要に応じて80〜88%の範囲で焼成ボーキサイトアルミナ含有量を生成します。
  • 滑り止め保護。焼成ボーキサイトは、道路をより安全にするための滑り止めと高摩擦特性のために世界的に使用されています。丈夫で耐久性に優れた素材で、工場の床などの滑りを防ぐのに最適です。Proppants and Road Surfaceing、Calcined Bauxiteは、滑り止め用途に最適な骨材です。これは、車両の滑り防止や、追加の安全性が必要な表面で広く使用されています。ボーキサイトは、フレッシュコンクリートにこすりつけたり、塗料に添加したり、レジンセメントや接着剤を使用して表面に塗布したりすることができます。この材料は、歩行者が滑るリスクを減らすのに理想的であり、多くの産業、商業、住宅用途で使用されています。これらには、横断歩道、階段、工場の床、作業区域、歩道、船の甲板、ボートのドック、プールの甲板、浴槽が含まれます。
  • 高摩擦表面処理(HFST)。HFSTは、横滑りを減らすための費用効果の高い方法であり、主に道路をより安全にするために使用されます。水平のカーブやランプ、交差点、急勾配、橋のデッキ、ラウンドアバウト、舗装面で使用されます。研究によると、HFSTを適用すると、車両の衝突が最大100%減少することが示されています。材料は、ポリマーバインダーを使用して表面に塗布されます。

利用可能な粒子サイズ:

0-1mm; 1-3mm; 3-5mm; 5-8mm; 80メッシュ; 100メッシュ; 200メッシュ; 325メッシュ。

重さ 1000 kg
サイズ 100 × 100 × 100 cm

レビュー

  1. Aiden (承認)

    Very fast delivery.

日本語 ()のみにレビューを表示する

レビューを追加

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PDF-LOGO-100-.png

TDS not uploaded

PDF-LOGO-100-.png

MSDS not uploaded

Please enter correct URL of your document.

Scroll to Top